沿革HISTORY

沿革

1959年
武州ガス株式会社の子会社として川越市田町に本社を設立。
資本金200万円。
1962
事業拡大のため資本金を400万円に増資し、本社を川越市脇田新町に移転。
1968
資本金を1,000万円とする。
1970
合理化推進のため、配送委託10ヵ年計画を策定。
1971
ガス事業法附則第2条第1項により簡易ガス事業9地点群を許可される。
第1次配送委託実施。(大口業務用、中規模住宅)
1972
第2次配送委託実施。(中規模集合住宅)
1974
第3次配送委託実施。(小規模集合住宅)
1975年
川越市今福中台に新社屋を建設
1977
第4次配送委託実施。(一般需要家50kg以上)
1978
資本金を2,000万円とする。
事務合理化のためコンピューターを導入。
1981
第5次配送委託実施。(一般需要家20kg以上)配送委託計画完了。
1983
ボンベ管理及び適正配置の推進並びに警報器の計画的取付及び交換管理のためコンピュータ化を実施。
1981
第5次配送委託実施。(一般需要家20kg以上)配送委託計画完了。
1984
需要家の安全確保及び保安事務の効率化を計画実施。
1987
簡易ガス事業許可地点11地点となる。
保安機器の普及計画の策定、マイコンメーター2の普及開始。
1988
東急ドエル、狭山ヶ丘団地336戸が都市ガスへ転換。
1989
事務の合理化にともないコンピュータを入れ替える。
坂戸ガス鳩山ニュータウンに卸売供給開始。
1991
集中監視システムの導入。(5ヵ年計画)
ニューライフマンション、電々和ヶ原、秋津団地、狭山ヶ丘団地、新狭山団地1,014戸が都市ガスへ転換。
1992
LPガス集合装置遠隔監視システムを導入、10ヵ所に設置。
1993
川島八幡団地、南古谷団地、東所沢団地、新郷団地、モアステージ1,283戸が都市ガスへ転換。
1994
簡易ガス事業許可地点12地点となる。
LPガス集合装置遠隔監視システム11ヵ所に設置。
1996年
集中監視システム取付件数11,469件となる。
比企郡嵐山町にLPガス充填基地及び嵐山事業所を開設。
通商産業省環境立地局長賞(平成8年10月24日付受賞)
1997年
認定保安機関の資格取得
(平成9年8月22日付・通産省関東通商産業局長・第52A0077VA号)
1999年
バルクローリー車による供給システム開始
2000
バルクローリー車1台増車し2台となる。
簡易ガス事業全団地に感震自動ガス遮断装置を設置。
2006
バルクローリー車1台増車し3台となる。
2009年
創立50周年を迎える
2009年
水(ピュアウォーター)の販売開始
2016年
「武州産業でんき」取扱開始